読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりとめない日常のこと―Konomuのブログ

音楽だったり読書だったり旅行だったりカメラだったり『書くこと』だったり。『好き』を集めてみたら誰かの役に立っていた、そんなblogになってほしいです。

秦基博がつないでくれたもの その2

f:id:komsuke_56:20161106093520j:plain
写真は使いまわし

大阪城ホール以外は行く予定にしていなかったのですが。自粛していたのですが。
「名古屋のチケットあるからおいでよ!」と言っていただいたので、行ってきました日本ガイシホール

2016年11月15日(火)、秦基博10th Anniversary ARENA TOUR ”All The Pieces”

朝4起き、超フレックスタイムで11時に終了。PC抱えていざ出発!交通費節約のため往路はバスを利用。バスの中で日報を打ち込んでいたら見事に酔いました……翌日の資料確認だけして脳内予習。

今回は勢いで向かったので、前回のような高揚感や緊張感はなかったです。なかったのですが、チケットをいただき会場へ入り到着した席で一気にテンションあがりました。

関係者ではないのに『関係者席』!ふかふかソファ!私のすぐ後ろに座っていた人は多分音楽雑誌関係者!関係者パスを持っている人が多数!チケットを譲ってくれた人に開演まできゃーきゃー言ってました。(LIVEチケット代はなんとフリー!)
どんな席だったかはコチラ

声の調子は良く、祈るような想いで過ごした大阪より安心して2時間半過ごせました。

音楽って不思議。何度もはた坊のLIVEには行っているのに、曲ごとに思い浮かべるシーンが違う。

「青い蝶」は今年のオーキャンでのさかいゆうとのコラボが印象に残っています。「色彩」は初武道館。「フォーエバーソング」は靭公園。夕暮れの中、アコースティックで歌っていた景色が鮮明です。「ひまわりの約束」は未発表だったとき(2014年のGM)に、ギター一本で歌ったシーン。

私の中で不動のトップポジション「鱗(うろこ)」。これを、亀の恩返しで原曲とほぼ同じハウスバンドとミニオーケストラで歌ったときは、パーフェクトに近かったし、吹き抜けていった音の風と圧はすごかった。SOUNDS GREEN 2010でのパフォーマンスも印象的。


一曲一曲、いろんなことを思い出しながら聴いていたら、なんだか泣けてきました。「終わりのない空」と「鱗(うろこ)」、「70億のピース」が響く一日でした。「風景」も刺さったかな。

youtu.be


youtu.be

youtu.be

どんどんファンが増えていけばいい!って思っています。デビュー時と曲調や歌い方が変わったっていい。それが最前線の秦基博だ!

私、ファイナル福岡も行くべきなんじゃなかろうか。