読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書評ライターKonomuの苦悩

フリーライターの悩みと打開策、日々の出来事などいろいろ書いています。

昨年書いた書評ですが思い入れのある作品です「君の膵臓をたべたい」

f:id:komsuke_56:20170421101942j:plain

こんにちは。少し滞りました。反省。

この度、本ブログ内にて「書きました!」と書評を紹介してもいいですよ、と正式に許可をいただいたので、公開されたら随時アップしていきます。
お時間あるときに読んでもらえるとうれしいです。

さて、今日「書きました!」と紹介したいのは、2016年1月に配信された「君の膵臓をたべたい」の書評です。
本屋大賞にノミネートされた頃に執筆させていただきました。
スマホ版だとNot Foundになります。PC版のままご覧ください。(1年前の記事なので)

web-beta.archive.org

映画の主題歌はミスチルが担当するようですね。

私には書評を執筆するときの2つの心構え(掟といってもいい)があります。それは、

●いかなるジャンルであってもフラットに向き合うこと
●私が私であることを忘れること

好きなジャンル、そうでもないジャンル、得手不得手などありますよね。
ポイント1は、得手不得手など一切取っ払い、誰が書いたか、どんなジャンルかなど頭の中から放り出して「本」と向き合うことを意味しています。

ポイント2ですが、これが非常に難しいんです。

私が私であることを忘れる。

どういうことかというと、私の「感情」を本に持ち込まないということです。
どんな人が、どこで、どういう時期にその本と出会うかわからないからです。
私の心を大きく揺さぶったとしても、そうでない人もいるはず。
書評は読書感想文であってはならない、と考えています。
ブログで個人的におすすめしたい本は別だヨ。

その点、本作品は非常に難しかったです。
執筆後、本屋大賞2位に輝き、映画化も決まりました。
つまり、多くの人の心に響いた本ということです。
もちろん私の心も揺れ動きました、しばらく惚けました。何ごとが起きたのかと思いました。
書評を書くのに苦戦しましたよ。
書いた後、何度も何度も「私」がそこにいないかを確認しました。

1ヶ所、書評家として心を込めて書いた場所があります。
それがどこだか当ててもらえるとうれしいです。

こんなtweetがあったのか。うれしいですね。

笑顔は明るい伝染病

f:id:komsuke_56:20170413221227j:plain
こんばんは。
ついに食欲がなくなったか……と気力を失いかけていたのですが、そんな弱っちい自分を吹き飛ばしてくれるハッピーなお知らせをもらいました。

友達の結婚報告。
先ほど一人バンザイを二、三度して、いまは一人でにやけてます。
私にとって本当にうれしいことでして。

去年かな?「秦基博がつないでくれたもの」という個人的な日記記事をアップしたのですが、そこで少し個人的なことを書きました。

私の直近10年は長いトンネルのようで、本当に暗く苦しいものでした。
おおげさな、と思われるかもしれませんが、この10年、音楽が心の支えで、その中でも秦基博(とTHE BOOM)という存在は特別でした。今も特別なままです。

そんな特別な「秦基博」つながりで出会えた友達の結婚なのです。

10年の間につないで結んで、そして自ら切って捨てた縁がたくさんあります。

意識して結び続けたもの、意識せずにつながっていたもの、いま手元にあるご縁はそういったものです。

そして彼女は後者です。
昔からの知り合いでも、頻繁にやり取りをする仲でもありません。
LIVEでタイミングが合えば声をかけたりする、そんな感じです。

でもこの10年、何も変わらずに接してくれた友達です。

知らせを聞いて1時間、ずっとニヤニヤしています。
きっと彼女はとても穏やかできれいな笑顔でいるんだと思います。

いや、こんな夜は私信でいいでしょう♡
後で読み返して恥ずかしくなったら下書きに戻しちゃえばいいんだし。

笑顔は人をしあわせにしますよ、ぜったいに。
明日はきっと良い日になる。朝起きたらもう一回バンザイしよう♡

見た目がかわいいボイスレコーダーを探している人にオススメしたい桜色のUSB

f:id:komsuke_56:20170412174057j:plain
こんにちは。今日も有益なものが思い浮かばないままです。

浅田真央選手の引退だったり、米中そして北朝鮮の緊張だったり、ドル円110円割れでチャート見るのに必死だったり……生産性の低い一日です。いまのところ。

先日、コレをいただきました!
見た目完全にUSB、桜色のUSB。

でもコレ、実はボイスレコーダーなんです。
ONとOFFのスイッチをスライドするだけでこのまま録音できてしまいます。

f:id:komsuke_56:20170412175005j:plainイヤフォンジャックがついているので、そこにイヤフォンを差し込みプラスを押すか、PCに差し込みデータを開くかで簡単に再生できます。

PCのUSBポートで充電もできるし。
口コミをみたらiPhoneのアダプタでも充電できるのか。

小さくて軽くて、そしてなんといっても色がかわいい♡

すごく気に入っているのですが、直近の活躍シーンはなさそうなので、愛犬にちょっかいをかけてうなり声を録音し、それを愛犬に聞かせて遊んでいます。 

これまでスマホを利用してたので重宝しそう♪ 

単価も大事、でもコミュニケーションはもっと大事

f:id:komsuke_56:20170409081719j:plain
おはようございます。
昨日は眠くて眠くて……更新できませんでした。”毎日”という公約が(´・ω・`)
2時間散歩に出かけただけなのに。体力のなさにびっくり。

先日ランサーズの全案件を検索し、3つのプロジェクトに提案。
結果、すべて「承諾」となり、ひゃっほー!となっていました。

そのうち1案件のクライアントさんから「こういうものを使うのは初めてなので、いろいろよろしくお願いします」とごあいさついただきました。
「こちらこそよろしくお願いします」といってお仕事スタート。

トライアルは無事通過。(連絡をもらう前にすでに記事がアップされていたので、えー…、とは思いましたが)

「今後ともぜひよろしくお願いします!」とメッセージをいただいたときに、ふと、

(ランサーズシステム手数料について、わかっていらっしゃるのかな?よくわかってないままじゃないかな?)

と、感じました。やり取りも慣れていない様子でしたし。

仕事をいただく上で、手数料を負担いただけるのは非常にありがたい。手取り報酬額は増えますしね。
多分、黙ったままだと、私の報酬額は手数料別でいただけたことでしょう。

ただ、認識の齟齬があり、不透明なまま進めて、結果、思っていた金額と違う、となってしまうと、私もですが、クライアントさんも困ってしまうし、気持ちの良いお付き合いができなくなるわけです。

「失礼を承知で確認させていただきますが、手数料はご負担いただけるということでよろしいでしょうか?
それとも御社のお考えは異なるものでしょうか?」

やはり手数料込の単価だと思っていました、とのこと。どうして単価以上に支払わなければいけないんだろう、と疑問だったんです、と。

ほんのちょっぴり報酬が減ることになりますが、手数料込でお請けします、とメッセージを送って返信待ちです。
もちろんそのメッセージの中で、単価交渉もしていますが、私は、先方の意向を尊重するつもりでいます。

相手の考えを汲みつつ単価の交渉もする。
私の交渉手法となりますが、もし知りたいという方がいれば、Twitterなどで気軽にお問合せくださいね。

お金は大事です。
でも、顔の見えない相手とのやり取りでは、その文字に込められた相手の考え方、思いをきちんと考え、ていねいにコミュニケーションを取ることが継続につながる道だと思います。

単価が見合わないときは思い切ってお断りしましょう。
お断り方法についても、知りたいな、と思う方がいらっしゃれば、私のやり方ですが、お伝えしますよ。

では、今日も一日がんばります。

意外と知られていない?メール末尾の「拝」とは

f:id:komsuke_56:20170407195820j:plain
こんばんは。
パクタソからお借りしました。私の眼鏡のフレームも赤です。

今朝はアメリカのシリア空爆にびっくり。
午前はそうでもなかったのですが、午後になって、各メディアでアサド政権の化学兵器による一般市民への空爆被害が取り上げられていました。
へなちょこメンタルなのでテレビは消しています。

さて、今回はメール末尾の「拝」について、です。
「差出人の名前」+「拝」で締めくくられたメールを受け取ったことはありますか?

例えばこんな感じです。

(本文)
以上、宜しくお願い致します。

●●●●●大学医学部
田中 拝

今の私ならこれがどういう意味かわかります。

ただ、当時、その会社に入社したての私にはこれがさっぱり分からなかった、というか、この「拝」を疑問にすら思いませんでした。

結果、私から田中先生への返信メールの冒頭はこのようになりました。

●●●●●大学医学部
田中 拝 先生

 共通メールでのやり取りだったので、これを見つけた上司にものすごい勢いで怒られました。
(あんた!何やってんのよ!馬鹿じゃないの!?今すぐ謝罪の電話を入れなさい!)的な。

先輩たちはお腹を抱えて笑っていました。
上司が怒るのも当たり前です。相手は何と言っても医学部の教授なのですから。

「拝」
「拝見」「拝読」「拝聴」といった言葉は、目上の人に対してだったり、少しかしこまった場面だったりで使うことも多いでしょう。
これらの熟語で使われる「拝」には、「謹んで」という意味があり、「見る」「読む」「聴く」という言葉に敬意を付け加えています。

そして差出人の名前の後ろの「拝」も同じような意味を持ちます。相手への敬意を表す方法なんです。
少し古風な締めくくりです。

一般的なビジネスメールで使われているんだろうか。

少なくとも私は、その前もその後も、この形式でメールを締めくくったことはないし締めくくられたこともありません。
「小生」という言葉を見かけることもなかったでしょう。

これは私の感覚ですが、古い慣習を持つ業界や企業ではテンプレート的に使われている気がします。

この会社で働けてよかったです。ものすごいハードワークやったけど。
末尾の拝の意味を「知りたい!」と思う機会はなかったと思います。
知ろうとして何かしらの情報にアクセスすることもなかったでしょう。

知っているのと知らないのとではえらい違いです。
ご存知の方は、私の過去の失敗を思い切り笑ってやってください。

夢は、いつか叶う。多分。

f:id:komsuke_56:20170406193828j:plain
こんばんは。
有益なことが何も思い浮かばないけれど、そういえば夢だと思っていたことが叶ったな、という出来事が過去にあったので、そのことについて書こうと思います。

Backstreet Boysというボーカルユニットをご存じですか?
1995年のデビュー時は「Boys」でしたが、今はもうBoysではありません。

世代がばれますが、家でごろごろしていた1996年のとある日、MTVから流れてきたこの曲「Anywhere for you」で恋に落ちました。

リンクは公式サイトなので安心してご視聴ください。
いかに素敵な歌声(とルックス)かをお見せしたいだけなので、すっとばしてくれてもかまいません。
私がどれほど外見に捉われていたかがよくわかります。

youtu.be

で、この頃の夢が
「いつかBackstreet Boysに会う!」
でした。

叶うわけない気がするじゃないですか。お金を出せば叶うかもしれませんが、当時そういう考えは持っていなかったし。

ところが2013年、その夢が突如叶ってしまったんです。

朝から鬱々とした気分で乗った通勤電車の中で聞いていたFM802の番組がきっかけでした。
午前7時過ぎです。

BRIGHT MORNINGという番組内で「では今からBSBのサウンドチェックパーティーご招待の応募受付を開始します!ご希望の方は番組HP、または802の~」と!

もちろん歩きスマホです。
猛スピードで応募しました。

するとすぐにFM802のスタッフさんから「ご応募いただきましたが、当日必ずお越しいただけますか?」と電話がかかってきました。
1組2名か2組4名だった気がします。

公演日は平日でしたが、そんなのかまっていられない。
レア度でいけば圧倒的にBSBのほうが上で、会社という存在は平均値です。

「もちろんです!!!」

後日VIPカードが送られてきて本当にすぐ目の前で見ることができました。
一緒に行ったのは英会話の先生(ほぼ友達)のアメリカ人。二人で「アメリカで会えないのに日本で会えるって不思議ね」と会場内で大興奮でした。

f:id:komsuke_56:20170406200945j:plain

ちなみにVIPカードは通常お金を払わなければなりません。(ゴールド・シルバー・ブロンズ、とランク分けされていました。高かったわ~…)


いつチャンスがめぐってくるのか、未来はいつだって予測不可能。
現在進行形の夢だって忘れた頃に叶うかもしれません。

今の私の夢はなんだろうな……「世界一周旅行」かな。バックパックで。

久しぶりにランサーズ全案件をチェックしてみた(前からたまーにやってるよ!)

f:id:komsuke_56:20170405190145j:plain
こんばんは。引き続き頑張って更新。疲れ目・疲れ頭で書いているので、タイトルとか文章とかセンスなく進めていくと思います。

今日は朝から目がしぱしぱしていたので、あー午後からお天気下り坂かな、と思っていたら案の定下り坂になりました。
こういう時って、できることが限られてくるんですよね。
Twitterのアイコン変えてみたり(結果思い出検索みたいになった)、いろんな人のブログを読んでみたり。

そして。久しぶりにやってみました。

ランサーズ ライティング・ネーミング案件 全件チェック!

稼いでいるライターさんに「やったほうがいいよ!」と以前よりアドバイスをいただいているのですが、ついサボリがちになっています。
前にやったのはいつだろう……

というか案件数がめっちゃ増えてますね。
1125件(39ページ)もありました。
目ん玉が飛び出るかと思うくらい疲れました。

発注側もクラウドソーシングに本格的に参入してきているんでしょうね。

やはり単価が安いものが多いし目立つ。
経験則でしょうか、おそらくライターが発注側に回っているな、と思うような案件もありました。

ちなみに私の文字単価はそれほど高くはありませんし、文字単価で計算できない内容が多いです。

でもね、1125件のうちほんの数件ですが、文字単価3円、さらには10円というものを見つけましたよ。
あとは単価は超安いけど、ボイスレコーダーをもらえる案件とか。

いくつか提案してみました、採用されるかどうかはわかりません。
採用されるといいなぁ。新しいことを始めるのにちょうどいい季節です。

書くことを生業としたくてクラウドソーシングを利用している方々はぜひ、時間があれば、というか時間を作って全案件チェックしてみてください。

と、書いている間にプロジェクト承諾依頼の案内がきました。
初ジャンルです。ていねいに情熱を込めて提案文を送った甲斐がありました。
やったね!トライアル頑張ります。