読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりとめない日常のこと―Konomuのブログ

音楽だったり読書だったり旅行だったりカメラだったり『書くこと』だったり。『好き』を集めてみたら誰かの役に立っていた、そんなblogになってほしいです。

プチ観光モデルコース~白鷺城~

旅の話をしようか

f:id:komsuke_56:20160115120058j:plain

3日坊主にならなかったけれど1週間も穴があいてしまいました。

先日、友人たちが3連休を利用して関西へ遊びにきていました。
1人は新潟から、もう1人は栃木から。

今回のブログでは、わたしなりのプチ観光モデルコースをご紹介したいと思います。ちょっと長めなのでお時間と関心がある方はぜひどうぞ。

リクエストは「姫路」「京都」「神戸」
さて、姫路ですが、丸一日楽しむことも不可能ではないのですが、観光スポットは限られています。世界遺産にも登録された「姫路城」と、映画ラストサムライの撮影現場である「書寫山圓教寺」くらいではないでしょうか。後者は姫路駅からバスで乗り継ぎ、最後はケーブルカーなので、時間的にタイトです。

神戸にホテルを取っていた友人たちと三ノ宮で合流したのが午前11時。そこからJRで姫路へ向かうことにしました。三ノ宮から在来線新快速に乗って約40分ほどです。
お昼時に到着するため、昼食に『姫路おでん』を楽しんでもらおうと案内所で姫路おでんマップをゲット。

姫路おでん』ってご存知ですか?関西だしにしょうがが入っているのが特徴です。足を運ぶ機会があればぜひチャレンジしてみてください。おすすめのおでん屋さんがわからなくても大丈夫です。おでんマップに書いてありますし、特にハズレはありません。

そして、いざ姫路城へ。こちらは姫路駅からバスも出ているのですが、歩いても20分少々、大手門通りだと姫路城を正面から見ながら歩いて行けるのでワクワク感を楽しめます。

別名「白鷺城」と呼ばれる姫路城は、一部を除いて改修工事が終わったところなので、真っ白です。本当に美しく、他では見られないお城だと思います。城内の散策に要する時間は約2時間です。さくらがきれいな春先だと3時間くらい余裕をみているほうがいいと思います。

姫路城を堪能し駅へ戻ったのが16時半。神戸に戻るには少し早い時間です。どうしようかなぁと考え、東に向かうのだから本場の『明石焼き』を食べに行こうではないか、と姫路駅からJR在来線で明石へ向かいました。だいたい20分くらいです。
わたしのお気に入りのお店の最寄り駅は明石駅ではないのですが、そこにはそのお店以外なにもないので、無難に明石駅付近のお店へ。そして卸市場として有名な「魚の棚」をぶらり散策しました。

そうして明石駅から神戸に戻ることにしたのですが、20時に晩ごはんのお店を予約していたので、まだ中途半端な時間…よし、神戸駅からハーバーランド、メリケンパークを回って歩いて三ノ宮に向かいましょう、と提案すると、あっさり快諾。実はけっこうな距離を歩くことになるのですが、街散策が楽しめるのが神戸の最大の魅力かと思います。

神戸駅からハーバーランドまでの経路は多々あるのですが、ガス燈通りから向かうのがおススメです。きれいだし、これぞ神戸!という雰囲気を味わえます。モザイクを通り抜けると、広々としたデッキがあり、そこからはポートタワー、旧海洋博物館、オリエンタルホテルが並ぶ「THE神戸」の景色を一望できます。

神戸といえば『神戸牛』ですが、中途半端な値段のお店に行くくらいなら、多少お金を払ってでも美味しいお店に行くほうがいい、と個人的に思っています。
なので、自分が自信を持って美味しいといえる創作料理屋さん「緩緩」というお店に行きました。

この日は、姫路、明石、神戸と3つの街へ訪れたのですが、友人たち曰く「同じ関西でも印象が全然違う」でした。特に姫路のおでん屋さんの店員さんの言葉遣いや態度にびっくりしていました。1日歩き回ってクタクタでしたが、満足してもらえたようです。

おススメのお店をたくさん知っているわけではありませんが、わたしが覚えている=おススメなので、西へ足を運ばれる際にはお気軽にご相談ください。