読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりとめない日常のこと―Konomuのブログ

音楽だったり読書だったり旅行だったりカメラだったり『書くこと』だったり。『好き』を集めてみたら誰かの役に立っていた、そんなblogになってほしいです。

本当の「愛」とはなんだ

病気の話をしようか

f:id:komsuke_56:20160729074801j:plain

※イギリスのM&M'S。ダイナミックでとってもかわいかったです。

ここのところ良質な睡眠が得られていません。今朝も動悸が激しいです。
毎日飲んでいるお薬の他、2年ほど服用していなかった頓服を飲むようになりました。

普段服薬しているものは、ラミクタール錠100mg(朝)、セレニカ200mg錠(夕食後)、ロヒプノール錠剤2mgとコンスタン錠剤0.4mg(寝る前)の4種類。これ以上は増やしたくないです。

様子がおかしくなった頃(10年ほど前)にかかった心療内科では「不眠症」と「うつ病」と診断され、抑うつ剤を処方されていたのですが、その後「双極性障害躁鬱病)」と診断。ラミクタールを飲みだしてから、その症状は驚くほど落ち着き始めました。「うつ病」と「双極性障害」の症状は似て非なるもので、抑うつ剤を飲み続けてしまうと躁状態の症状がひどいことになり、眠らなくても仕事をし続ける、身体は疲れているはずなのに休まずLIVEに行ってしまうなど本当に大変でした。

1年ほど前まで朝晩ラミクタールだったのですが、ラミクタールって高いんです。 新薬であるからか100mgの錠剤で薬価は約274円。出費が痛かったので、薬剤師のお母さんにも相談して効用が似ているセレニカに移行しました。セレニカ200mgの薬価は約23円。1/10ですよ。えらい違い。

昨年11月~今年の3月までの症状は本当にひどかったです。「さぼってるだけでしょ?」と言い続けてきた母も(どうやらおかしい)とやっと実感するほどでした。外に出られない、出るのが怖い。誰にも会いたくない、会えない。ゴロゴロして1日が終わる日々。母もなにも言わずによく耐えてくれたなぁと感謝しています。

それがここ2、3日で急変しています。リーゼという頓服を使用した日は楽になりましたが、ドラールを使った翌日はひどい。やっぱりドラールは合わないんだろうな。

基本の4種類は、おそらくこれから先もずっと飲み続けることになります。断薬して眠れなくなるよりずっとマシです。だからこそそれ以上は薬を増やしたくない。

けっこう辛いですよ。まずあまり理解を得られないから、パートナーができてもうまくやっていけない。理解しよう理解しようとしてくれても、最後には理解できないことに勝手に腹を立てる人も多い。「理解しよう」ということ自体がエゴだと思う。これが自然なんだなと見守る、受け入れる、ということが本当の意味での支えになるんじゃないかな。愛されるってなんでしょうね。

今日は無理しないでおこう。朝からひどい症状が出るのは3ヶ月ぶりではなかろうか。ブログの内容もひどいものですが、吐き出さずにはいられませんでした。