読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書評ライターKonomuの苦悩

フリーライターの悩みと打開策、日々の出来事などいろいろ書いています。

病院よりも薬よりも効果絶大な薬局のおかあさん

f:id:komsuke_56:20160602091932j:plain
昨日は4時間睡眠。毎日怒涛のように押し寄せる「発注翌9時納品、10時納品、22時納品」という記事を仕上げるべく4時に起きて、14時まで頑張り、それから病院へ行きました。

気分障がい(双極性障害)のため、カウンセリングと診察を受けており、いまは2週間おきに通っています。転院し、本格的にカウンセリングに通いだしたのは4年ほど前で、その後、1年かけてカウンセリングを卒業し、診察と投薬治療で様子を見ていたのですが、昨年11月末に急激に調子を崩し、カウンセリングを再開させることになりました。
別の病院で最初に診断を受けてからはもう10年になります。

この4年、病院の近くにある薬局にお薬をもらいに行っています。そこの薬剤師さん(以下おかあさん)は、本当にあたたかみのある方で、おかあさんが何気なくかけてくれるやさしい言葉に、勇気づけられたり、笑顔にしてもらったり、泣きたい気持ちに気づかされたり、わたしがそのとき欲しい言葉を誰よりも理解してくれる、エスパー級の人です。

カウンセリングの手法はさまざまかと思うので割愛。
わたしの場合、カウンセリング後、楽になることもあれば、どっと疲れることもしばしば。昨日は連日の睡眠不足もあったのでしょう。身体も心も疲弊しきっていることに気づき、病院を出る頃にはめまいがひどくなり歩くのもつらく、薬局にたどりつくときには、手を壁にあてて立っているのもやっとの状態でした。

錠剤の数を確認し、お薬手帳にシールを貼ってもらったあと、何やらいつもと違うカウンターにこそこそっと向かう薬局のおかあさん。そして戻ってきて―
「もうすぐお誕生日でしょう、わたしの誕生日も近かったから覚えてたの。2週間後だとずいぶん遅れちゃうから、今日渡しちゃうわね」
とにこにこ笑顔と一緒に差し出してくれたのが、5種類のくまモンのミニトート。
「見てみて!くまモンが夢見てる柄もかわいいんだけど、横向きのくまモンもめずらしいでしょう?ここから1つ選ぶの、難しいけどどれがいい?」
一緒に悩んで、横向きくまモンくまモン体操)選びました。

「もう少しだけ先だけどお誕生日おめでとう、お大事にね」

薬局を出てから、なんだかもうこみ上げてくるものを抑えきれなくて、気づけば涙を流しながら歩いてました。不審者と思われない程度にちゃんと隠しましたが。

ざわつく心をいつも穏やかに滑らかにしてくれる、このおかあさんみたいに誰かの心にそっと寄り添えるような人になりたいものです。
くまモントート、大事に大事に使います。

さあ、今日も頑張ろう。