読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりとめない日常のこと―Konomuのブログ

音楽だったり読書だったり旅行だったりカメラだったり『書くこと』だったり。『好き』を集めてみたら誰かの役に立っていた、そんなblogになってほしいです。

年々ひどくなるPMS対策に漢方を始めてみた

f:id:komsuke_56:20170210071923j:plain
※画像はパクタソより

3週間ほど前から漢方を始めてみました。きっかけはPMS(プレ・メンストラル・シンドローム月経前症候群)。とにかくひどく、ただでさえ気分にむらがあるところにうつ傾向がプラスされてしまう。苦しむ私にていねいにアドバイスをくださったsoraさんリコメンドの漢方医さんを訪ねることにしました。

漢方医ってすごいんですね。
舌とお腹の触診だけで、いま抱えている悩みをずばり言い当てられました。
「雨の日ってつらい?」とか
「生理前ってかなりひどいでしょう?」とか。

「う~ん……いま飲んでいる精神科系のお薬と総合して判断すると、婦人科系ではなく、精神科系で西洋と東洋を併用していった方がよさそうね。ここは精神科の先生の診療日もあるからそちらで一度診察してもらったらどうかしら?」

そこは漢方を専門としながら幅広い科目を扱っていて、漢方専門医資格取得のための指導施設にもなっているようなクリニックです。

これまで通っている(通ってきた)精神科系の病院では、不調を訴えるととにかく薬を増やして対応しようとすることが多い。

【極力薬を減らしたい私 vs 薬を増やそうとする医師】

という構図がいとも簡単にできあがってしまうんです。

後日、改めて精神科の先生がいる日にクリニックへ行きました。ここでも舌とお腹の触診だけで見事言い当てられました。

「相当つらいやろ?かわいそうやなぁ。」←バリバリの関西弁
「自分で気づいてへんもしれへんけど、思った以上に胃腸が弱いねん。まずはそこからよくして、体全体を引き上げるようにしてこか。」

「先生、婦人科系はどうしたらいいでしょう?」

「せやなぁ。その先生と僕も多分同意見やからこっち(精神科)だけでええで。お金も時間ももったいないやろ?」←関西人の精神

「今飲んでるお薬はどうしましょう?」

「それは絶対飲んどき。いまの病院で出されてる薬はほんまによう工夫されてる。頑張ってそこまでたどり着いたんやなぁ。それは飲まんくなったら大変なことになるから、飲んどきや。」

苦節8年、さまざまな薬を処方され紆余曲折しながらここ3年でようやくたどり着いたお薬を否定されなかったこと、そして頑張ってきたことを認めてもらえて泣きそうになりました。迷わず通院することを決めました。

しかしながら、食事に関する指摘を受けました。
◆果糖、砂糖はNG
◆主食より副菜をメインに
◆体を冷やす食べ物は極力避ける
これをしっかり守ると私の体重は減少の一途をたどることになります。
ただでさえ、食欲、というものから縁遠いというのに。

(どないしたらええんや)と少々パニックになり、晩ごはんを抜く、という日が2日連続続きましたが、至った結論は「とりあえず果糖・砂糖は控えよう」です。もともと甘いものは苦手だし、大好物のスナック菓子と非常食(食欲がまったくないとき)のゼリーをやめてみよう。
炭水化物控えたら痩せてしまうし、コーヒーや紅茶をストップすることはできません。

【食事に気を付ける<<<<<体重を減らさない】

ここ、ぶれたら本末転倒になります。

※もっとブログを上手く書けるようになりたいですが、なかなか難しいです。まぁ個人的なものなのでいいんですけど。